keywords
スポンサーリンク

メディアを立ち上げ、記事を書いていくのにまずはじめに行わなければならないのは、キーワード選定です。

キーワード選定は、記事を格上で最も大切な作業の一つといっても過言ではありません。

せっかく質の良いいい記事を書いていたとしても、その記事を検索してくれるユーザーの数が少なければ、アクセス数は伸びないからです。

今回は、メディアを運営していくにあたり重要なキーワードについての解説と、その選定手順について解説していきます。

スポンサーリンク

キーワード選定とは?

qestion

まずはじめに、キーワード選定とは何かについてご紹介していきます。

キーワード選定とは、ユーザーが検索する際に使用するワードのこと検索窓に入力する文字のことを指します。

メディアに掲載する記事を書く際にユーザーがどのようなキーワードで検索した時に、自分が書いた記事が検索エンジンによって表示されるかを決めていく作業です。

頻繁に検索されるキーワードを選定し、それに関する記事を書いていくことで、検索される頻度が高くなるのでユーザーの目にとまる機会もそれに比例して伸びていくのです。

逆に、検索頻度が低いキーワードを選定してしまうと、そもそも検索される回数が少ないので、どんなに質の良い記事を書いていたとしてもユーザーの目には止まらないでしょう。

キーワード選定に関して具体的に説明していきます。

キーワードの考え方

research2

キーワードを選んでいく際に、まずはじめに単一キーワードと複合キーワードのどちらを選ぶか決めていく必要があります。

単一キーワード

単一キーワードとは、「マーケティング」や「ネットビジネス」など一つの単語で形成されているキーワードのことです。

自分自身がネット検索をする際のことを思い出してもらえばわかると思いますが、ほとんどの人はまずはじめに単一キーワードで検索するのではないでしょうか?

結論から言うと、単一キーワードは、最もアクセス数を稼げるキーワードになります。

そかしその分、単一キーワードは競合が非常に多く、かなり強いWebサイトでなければ上位表示を狙えません。

メディアをはじめたばかりのWebサイトが単一キーワードで上位表示を狙うのは、難しいと思います。

複合キーワード

複合キーワードとは、複数の単語からキーワードを形成することで、「マーケティング 方法」や「ネットビジネス 稼ぎ方」など関連するキーワードを二語以上のキーワードから構成します。

複合キーワードでキーワード選定を行うことにより、より明確にターゲットを絞ることができる他、他者のサイトと競合を避けることができるので、メディアを立ち上げた直後でもある一定の数のアクセス数を狙えると言うメリットがあります。

また、複合キーワードのキーワード数を増やすことにより、より明確な検索をされた際に高い確率で上位表示を狙えるので、まずはじめは複合キーワードでの上位表示を狙ってキーワード選定していったほうがいいでしょう。

複合キーワードのデメリットとしては、検索される母数が単一キーワード比べ圧倒的に少なくなりますので、選定するキーワードの数には注意が必要です。

バランスの良い数でキーワードを選定していく必要があります。

キーワード選定の手順

scenario

ここからは、具体的にどのようなポイントに注目しながらキーワード選定を行なっていったら良いのかについて解説していきます。

無料で使えるツールを利用しながら、自分のメディアにあったキーワードを選定していきましょう。

メインのキーワードを決定する

まずはじめに、どのような記事を書いていくのかを決定する必要があります。

ここに関しては、自分の運営しているメディアに関連するキーワードを選んでいただければと思います。

ここでは、「ダイエット」に関する記事を書いていくと仮定して、進めていきたいと思います。

複合キーワードを検索する

メインのキーワードが決定したら、そのキーワードに関連してよく調べられているキーワードを探していく必要があります。

その際に利用するツールが、関連キーワード検索ツールです。

検索窓でメインキーワードに設定したキーワードを入力し検索すると、それに関連したキーワードが一覧で表示されます。

キーワードチェッカーでメインのキーワードを検索することで、そのキーワードと一緒にどのようなキーワードが検索されているのかも一度に調べることができます。

検索ボリュームを調べる

関連する複合キーワードを確認したら、そのキーワードでどのくらいの検索ボリュームがあるかを調べていく必要があります。

検索ボリュームを調べる際に使うのが、Googleが提供しているキーワードプランナーです。

キーワードプランナーの検索手順としては、

1.関連キーワードを入力する

検索データと予測ボリュームを確認すると言う項目があるのでそこをクリックし、検索窓に先ほど取得したキーワードを入力していきます。

入力したら、検索するをクリックし、関連キーワードに関する情報を取得していきます。

keywords-pic1

2.検査ボリュームを把握する

関連キーワードに関する情報を取得したら、検索したキーワードの検索ボリュームを確認していきます。

過去にどのくらい検索されたかを知りたいため、過去の指標をクリックし、1ヶ月にどのくらいの回数検索されているのかを調べていきます。

検索数が表示されている画面に移ったら、月間平均検索ボリュームをクリックし、検索の多い順に並べ替え、どのキーワードが多く検索されているのかを上位から確認していく。

3.記事に採用するキーワードを決定する

検索されているキーワードと、それぞれのキーワードがどのくらい検索されているのかを把握したら、どのキーワードを採用して記事を書いていくのか決めていく必要があります。

上位に表示されているキーワードはそれだけ検索数が多いため、競合が多くいることが予想できます。

キーワードを選ぶ目安としては、自身が運営しているサイトの強さにもよりますが、はじめはアクセス数100〜1000くらいを目安に作成していくといいでしょう。

正直1000以下では、あまり多くのアクセス数は見込めませんが、ある程度記事が蓄積されていけば、サイトの強さも上がっていくので、はじめは競合が少ない領域で少しずつ検索数を伸ばしていき、ある程度検索数が見込めるようになったら1000〜1万のラインを狙っていくと順調に検索数を伸ばしていくことができます。

キーワードを入れるポイント

findout

キーワード選定が完了したら、作成する記事の中にキーワードを入れていかなければなりません。

どのようなポイントでキーワードを使っていけば良いのかを解説していきます。

1記事1キーワード

コンテンツを作成する際に気をつけて欲しいのは1記事1キーワードで記事を作成すると言うことです。

ここで言う1キーワードとは、複数のキーワードを選定する複合キーワードも1キーワードとして扱います。

なぜ1記事1キーワードでコンテンツを作成するのかと言うと、同じ記事の中で様々なキーワードが出てくることで記事の専門性が薄くなり、同じキーワードで検索された際に、専門的に書いている記事に負けてしまうことがあるからです。

複数の内容が必要な記事に関しては、別のコンテンツを用意しそちらに誘導するなどして、なるべくキーワードに特化した記事を書いていく必要があります。

キーワードに特化した専門的な記事を書くことで、狙っているキーワードで検索をされた時に、上位で表示させることができるのです。

見出しにキーワードを入れていく

選定したキーワードは必ず見出しに入れていくように記事を構成していきましょう。

h1タグ,h2タグには工夫をしてなるべくキーワードを自然に入れていくようにしてください。

タグにキーワードを入れることにより、どのような内容について記事を書いているのかをアピールすることができるので、検索された際にも優先的に表示されるようになります。

しかし注意しなければならないのが、キーワードを多様しすぎで記事の内容が不自然になることです。

SEO対策を行なっていく際に、ユーザーのサイトの滞在時間などは重要な評価ポイントになりますので、ユーザーが記事を読む際に不自然にならないよう工夫してキーワードをいれていきましょう。

最後に

コンテンツを作成する際に非常に重要な、キーワード選定についてご紹介してきました。

メディアを運営するにあたり、アクセス数を稼げるビッグキーワードを使っていきたいと考えている方も多いと思いますが、運用初期の方は、まず自分の書いた記事を上位表示させるために、どのようなキーワードなら競合に勝てるのかを最優先にキーワード選定を行なって言ってもらえればと思います。

記事数やアクセス数が増えてくれば、サイト自体が強くなっていくため、ビッグキーワードでも他者のサイトと勝負することができるようになってきます。

まずはじめは、どのようにしたら自分の記事がユーザーに届くのかを第一に考え、メディアを運営していってもらえればと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事